様々なデザインをコーディネートして夢のマイホームを

update list

2018/05/17
様々なデザインをコーディネートして夢のマイホームを
2018/05/17
家族に合った注文住宅のプランを立てる
2018/05/17
注文住宅を建てるための計画は念入りに
2018/05/17
こだわりつくしたデザインを現実にする

注文住宅なら好みの建材を選択できる!似た住宅が嫌な方におすすめ!

今では建売住宅も耐久性が高く、その時代にあったデザインで手に入れることが出来ます。しかしデザインは在り来たり、いわゆる万人受けの良いものとなり、周囲に似たデザインの住宅が建てられてしまうこともあります。さらに、好みに合った建材を選択できないといった問題もあります。
しかし、注文住宅ならこれらの問題が解決可能です。特に好みの住宅建材については、日本国内で手に入るものだけでなく、海外製の建材を自前で調達して使用することも可能です。また、デザイン自体も選んだ建材に合わせて調整することもでき、周囲の家に差をつけることも可能です。さらに、デザインを重視する場合でも、その形状に合った強度計算が行われ、耐久性や耐震性の高い住宅にすることも可能になっています。
特に内装のデザインについては好みの壁紙や台所設備、照明や床材など細かくこだわれ、好みの家具とトータルコーディネートも可能です。無難な住宅ではなく、住んでいて楽しい、落ち着くといったことを追及するのであれば、注文住宅を選択するのがおすすめです。また、住宅建材をこだわれる分、安く品質の良いものを調達できれば、建築に掛かる費用を抑えることも可能になります。

注文住宅ならデザイン以外に耐震強度にもこだわれる!

今では多くの住宅が、耐震強度を重視しています。建売物件の場合、基本的には工場で生産されたユニットを現地で組み立てる方式となり、強度計算は設計段階で行われます。工場生産となることから品質は高く、耐震強度の規格をクリアしたユニットが用いられるため安心はあります。
しかし建売住宅の場合、注文住宅とは異なりデザインが統一されてしまうといったデメリットがあります。結果、住宅に個性を出したいという場合には満足が得られないこともあります。また、工場生産であることから更なる耐震強度アップは難しく、補強工事を行うことで費用アップになることもあります。ですが注文住宅の場合、デザイン性や耐震強度にもこだわることが可能です。
特に耐震強度においては、基礎部分の強化、設計段階から建築する土地にあった耐震設計を行うことが可能になります。また、実際に建築段階になった際、耐震補強の必要が生じた場合でも柔軟な対応も可能になります。折角購入したマイホームを次の世代に伝えたい、地震に強く万が一の際にも補修工事を避けたいという場合において、注文住宅を選択することはおすすめです。ですが、注意ポイントとしては、設計見直しが必要になった際は設計者や工事業者に任せきりにせず、必ず確認して過度な費用アップを避けることが重要です。

choices article

家族に合った注文住宅のプランを立てる

注文住宅を購入する時にやっておくべき事とは? 自分のオリジナルのデザインにカスタマイズでき、今注目の注文住宅。この記事をご覧の方の中には真剣に注文住宅の購入を検討している方もおら…

注文住宅を建てるための計画は念入りに

注文住宅のメリット!外観や内装のデザインだけではない! 注文住宅は、価格が高いというイメージがあります。完全オーダーになるため、設計もゼロからとなり、建売住宅に比べると割高です。…

こだわりつくしたデザインを現実にする

注文住宅は高い?設計次第では費用抑制も可能! 注文住宅はデザインや機能性にこだわれる分、建築費用が高いというイメージがあります。確かに近年主流となりつつある工場生産式の建売住宅は…

様々なデザインをコーディネートして夢のマイホームを

注文住宅なら好みの建材を選択できる!似た住宅が嫌な方におすすめ! 今では建売住宅も耐久性が高く、その時代にあったデザインで手に入れることが出来ます。しかしデザインは在り来たり、い…

TOP